職務経歴書で効果的な自己アピールを

転職活動の準備はできているでしょうか。転職を考え求人情報を検索し、これならばという会社が見つかったケースでは、早速履歴書を著す事になります。そして履歴書作成と共にさらに1つ重要なことが、「職務経歴書」の作成と考えられます。

職務経歴書とは、履歴書に書き切れない今までの職務経験やスキルを文章でまとめたものです。目的の転職先の求人に応募する場合、突然面接に行くことは少ないです。

たいていは履歴書を送付し書類選考が行われ、その時点で会社側が関心を持った人に対して面接を行うことになります。したがいまして履歴書だけを送付するよりも、その人の職歴の詳細を記した文章を添付することで、会社側に対して経験やスキルをアピールすることが可能なため、面接まで漕ぎ着ける可能性も上がります。

それでもいざ、職務経歴書を製作しようという時に、知識なしだと十分な内容の書類を作成することは難しいと言えます。そのために、職務経歴書の書き方を検索したり、見本を参照する必要があります。職務経歴書の記載や参考例については、検索によりいくらでも見つかりますが、転職サイトでもとても親切丁寧に説明してくれています。

書類の書き方やサンプルを見ることができて大体の形が見えて来たならば、実際に書類を作成するために必要な準備を始めます。準備とは、職務経歴書に記載する事柄を割り出して行く作業となります。そんな時に役に立つのが、今まで仕事に使用していた手帳やスケジュール帳といった類のものです。そこに書かれているメモなどから、いつ頃どんな仕事をやったのか思い返すことができます。そして、その時にどんな技能を身に付けることができたかを判断するねたともなります。


また新卒就職した後、早い段階で自分に合わないという判断を下し退職する場合もあります。その場合には、職歴が少なくて書く事に困ることもあると思います。そうした第二新卒者の方の場合でも、研修や初営業のことを書くことはできると思います。また、その立場を利用し学生時代の経験を書くのも許されています。たっぷりあるアルバイト経験や、サークル活動では自分が中心となって役割を果たしたなど、売り込むことは沢山あります。